MENU

当院の新型コロナウイルス対策

鍼灸師の手洗い・アルコール消毒を施術毎に徹底すると共に、院内の換気・消毒、オゾン発生器による消臭殺菌を定期的に行っております。

当院は、今後も感染防止と安全確保を最優先に必要な対策を実施してまいります。

最近の投稿

8月の休鍼日
2020年8月3日
7月の休鍼日
2020年7月1日
6月の休鍼日
2020年6月1日

鍼灸治療で出来ること

ツボの効果を最大限に引き出せるのは鍼灸治療です。

鍼灸師が扱うツボの大きさは数ミリ。

その数ミリのツボを鍼で刺激することで、動きを整えます。

当院では「痛いから動かない」と考えるのではなく「動かないから痛い」という考えの下、いかに動きやすくするかを考えます。

例えば、「肩が痛いから上がらない」と考えるのではなく「肩が上がらないから痛い」と考え、鍼で肩を上げやすくして痛みを取り除いていくという方針です。

また、動きだけでなく従来鍼灸が得意とする内臓からくる症状や不定愁訴にも当院が扱う「整動鍼」という技術は得意とします。

こんな症状に

肩こり  腰痛  頭痛  膝痛  五十肩(肩関節周囲炎)生理痛  便秘  下痢  過敏性腸症候群  逆流性食道炎  逆子  など

その他の症状もご相談ください。

鍼灸治療で少しでも皆様のお力になれればと思います。

一緒に考える

当院は患者さんと一緒に原因を探し、確認しながら治療していきます。

「何をしていて痛くなったのか?」

「どの動作で痛いのか?」

「痛くなる前にほかの症状はなかったのか?」など

患者さんと一緒に情報を共有し考えていきます。

普段の体の使い方、お家での過ごし方、お仕事中の姿勢などに痛くなったヒントが隠れている場合があります。

「そういえば・・・」

と、いうような一見関係がなさそうなことでも、それが原因の場合もありますのでどんどん気になることをお話しください。

一緒に原因を探していきましょう!

離れた場所からのアプローチ

痛いところが悪いんだ!と考えがちですが、実は離れたところに原因があることが少なくありません。

例えば、痛みがでている肩や腰をいくら揉んだり電気を流したりしても痛みがなくならないのは、そこに原因がないからです。

本当の原因は、腕、お尻、背中、足など痛いところと離れたところにある場合がほとんどです。

本当の原因を見つけ出すことで、再発率を減らし治癒を早めることができます。

詳しくは、当院が所属する整動協会の動画をご覧ください。

PAGE TOP